生理前のデリケートゾーンのかゆみ対策

MENU

生理前におこるデリケートーゾーンのかゆみ対策

生理中になるとナプキンの蒸れでデリケートゾーンが痒くなることってありますよね?

 

しかし生理前でナプキンをしていないのにおこる痒みもあります。

 

この原因は何なのでしょうか?対策はあるのでしょうか?毎月ある生理しっかりと原因と対策を理解して快適な生理を迎えましょう。

 

 

生理前のかゆみの原因

生理前にかゆみが起こる原因には何があるのでしょうか?

 

おりもの

おりものとは膣のうるおいを保ち菌の侵入を防いでくれる働きがあり、精子をスムーズに到着することで受精を助けてくれる働きもある為に排卵期にはおりものの量が増えます。

 

おりものの量が増えることで下着の中が蒸れてしまいかゆみの原因になります。

 

肌が敏感になる

生理前になると肌が痒くなることはありませんか?女性の体には「卵胞ホルモン」と「抗体ホルモン」があり生理前はこのホルモンバランスが崩れるので肌トラブルが起きやすくなります。

 

肌がいつもより敏感になりその上バリア機能も低下してしまうので肌が乾燥しやすくかゆみを感じやすくなります。その為ちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。

 

カンジダ性膣炎

生理前になると免疫力が落ちる為膣炎が起こりやすく中でもカンジダが原因として多いです。

 

カンジダになりやすい原因には他にも風邪を引いたり、疲れやストレスがたまっていたり、寝不足が原因で発症することがあります。

 

性感染症

クラミジアやヘルペスとなどの感染症にかかることでかゆみを伴います。

 

下腹部に痛みを感じることもあります。この症状がみられる場合には病院を受診しましょう。

 

抗生物質

生理とは関係がないですが、抗生物質を服用することで膣内を酸性に保つ働きをしてくれる善玉菌までもなくなってしまう為にかゆみを生じることがあります。

 

個人差がありますが服用から1~2週間で症状が起こる場合があります。

 

 

かゆみの対策はある?

生理は毎月あるのでかゆみの対策をきちんとして肌トラブルを防ぎましょう。

 

かゆみが起きた場合にはお風呂場で石鹸を使用することは症状を悪化させることがあるので避けた方がよいです。

 

おりものの対策

おりものの量が増えてきたらおりものシートを活用しましょう。

 

下着におりものがついたままの状態では肌に刺激を与える原因にもなりますので汚れたら下着を交換しましょう。

 

カンジダ菌

カッテージチーズ状のおりものや酸っぱい臭いがするなどいつものおりものと状態が違う場合には病院を受診しましょう。

 

早めの受診は悪化を防ぎます。

 

また膣内をきれいにしようと洗いすぎることも殺菌作用を弱める原因になるので避けましょう。

 

性感染症

コンドームを使い感染症予防を予防しましょう。

 

性行為を行う前にシャワーを浴びるなど清潔にすることも予防に繋がります。

 

 

日常的なケア

生活習慣に気を付けてしっかりとした睡眠・栄養バランスのとれた食事・適度な運動など規則正しい生活をすることで免疫力アップにもつながり皮膚トラブルを防ぐことができます。

 

また肌が弱くかぶれやすい方は通気性のよい下着や締め付けない洋服を着用するようにしましょう。

 

お風呂から上がった際にはきちんとデリケートゾーンを乾かしてから下着をはくようにしましょう。

 

 

市販薬を使う

かゆみは早くしずめることで炎症を抑えて症状の悪化を防いでくれます。

 

市販薬を上手に使用しはやめに対策をしましょう。

 

フェミニーナ軟膏

クリームタイプ・ジェルタイプ・ミストタイプがあるので症状に合わせて使えます。

 

軽いかゆみやかぶれの場合は炎症を抑えてくれるのでお勧めです。

 

メンソレータムフレディ

肌にやさしい弱酸性でほのかな香りと心地よい使用感が特徴です。

 

すぐにかわくクリームタイプと爽快感のあるひんやりジェルタイプがあります。

 

デリケア

赤みや腫れをしずめて、かぶれを治してくれるので不快なかゆみを素早くしずめてくれます。

 

こちらも肌にやさしい弱酸性です。

 

薬を塗る際にはこすらず優しく塗るようにしましょう。

 

また薬を塗っても改善が見られない場合やかゆみがひどい場合には病院を受診することをお勧めします。

 

 

正しいナプキンの使用方法は?

ナプキンによるかぶれを防ぐ為には正しいナプキンを使用しなければなりません。

 

ナプキンの装着がずれると歩くたびに摩擦がおき肌に刺激が起こる原因になるのでずれないようにきちんと装着しましょう。

 

また長時間つけたままにすると湿った状態が続くとになり蒸れてかぶれの原因になります。

 

またナプキンについた経血が刺激となってかぶれの原因になることがあるのでトイレに行くたびにこまめに交換するように心がけましょう。

 

素材選びも大切です。肌が弱い人やかぶれやすい人は刺激の少ない綿100%や布の素材の物をえらびましょう。

 

素材を変えるだけでかぶれにくく敏感肌の方にも安心して使えます。

 

 

生理前や生理中のエッチはしない方がよい?

生理前は肌が敏感で刺激に弱い時期なので注意が必要です。

 

生理中は感染症になる可能性が高くなるので避けましょう。

 

生理中の膣の中は子宮内膜がはがれた状態の為通常よりもデリケートなので感染症にかかりやすくなります。

 

また膣内が傷つく可能性も高くなるので生理中のエッチは避けるようにしましょう。

 

生理中にエッチをすると経血の逆流が起こる可能性がありその結果子宮内膜症になる原因にもなるので避けましょう。

 

性感染症は口からもうつすことがあるので口の中に怪我がある場合には注意が必要です。

 

デリケートゾーンの正しいケアは?

お風呂で体を洗う際にはデリケートゾーンの洗いすぎは刺激になり殺菌作用を弱めてしますので避けましょう。

 

ボディソープの使用はさけデリケートゾーン用の石鹸を使うと安心です。しかしかぶれている場合には石鹸の使用はさけましょう。

 

下着の素材にも気をつけて通気性の良いものを使用し、汚れた場合にはすぐに取り換えるようにすること、また日常的にストッキングなど締め付けが多い場合には蒸れやすくなるので避けるようにしましょう。

 

日頃からデリケートゾーンを清潔に保つ為にトイレの後ウォシュレットがある場合にはビデ機能を使うこともお勧めします。

 

 

バランスのとれた食事

免疫力を高めることでかゆみの原因を抑えることができます。

 

偏った食生活であれば見直すことが大事です。

 

ヨーグルト

体内の善玉菌を増やして免疫力を高めてくれます。

 

納豆

腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれます。

 

緑黄色野菜

ほうれん草や小松菜、ニンジンなどといったビタミンが豊富な野菜には粘膜を強くしてくれる働きがあります。

 

鶏肉

疲労回復にも効果があり皮膚を丈夫にしてくれる働きもあります。

 

にんにく

冷え性や疲労回復を助けてくれます。

 

冷え性を改善することで血行が良くなり免疫も上がります。

 

他にもしょうがを使った料理は身体を温めてくれます。

 

水分補給の際には冷たい飲み物よりも常温の飲み物をのむと冷えを改善してくれるので血行促進に繋がります。

 

インスタントや糖質・脂質の多い食事はなるべく避けましょう。

 

 

まとめ

デリケートゾーンのかゆみは放っておくと悪化してしまうので我慢せずに早めに対処しましょう。

 

体力の低下は免疫力が下がってします原因になるので疲れやストレスをためないようにリフレッシュする時間もとりましょう。

 

適度な運動も必要ですが中々運動する機会がない方はストレッチを続けるだけでも血行促進に効果があります。

 

規則正しい生活を心がけて生理によるかゆみを防ぎましょう。