カンジタ膣炎の症状と治療方法と再発の予防

MENU

カンジタ膣炎の症状と治療方法と再発の予防

女性のデリケートな部分はかゆみやかぶれなどが起こりやすい部分です。かゆみの原因には、通気性が悪いムレ、ナプキンによるかぶれ、汗などが原因の事が多くあります。

 

きつい下着やストッキングなどで締め付けられていると、むれやすく、生理の時は特にかゆみが起きやすくなります。

 

女性のデリケートゾーンは、造りが複雑でデリケートなので、かゆみやトラブルが起こることは多いのですが、かゆみがある原因で細菌性膣炎や性感染症などの病気が原因のことがあるので、症状が強い時は病院に行くようにしましょう。

 

カンジタの症状は?

女性の陰部のかゆみで多いのにカンジタ膣炎があります。おりものの症状がいつもと違っていたらカンジタ膣炎を疑いましょう。カンジタ膣炎、膣カンジタ症、性器カンジタとも言い、感染症といっても性行為がなくても発症します。

 

カンジタ膣炎は、膣の中にあるカンジタ菌が増殖することで、おりものがかゆくなります。カンジタ菌は健康な人でも誰でももっているものです。

 

カンジタ膣炎の主な症状は、おりものの異常と膣内の激しいかゆみがあります。おりものがヨーグルトや酒粕状になったような、白いポロポロとしたおりものがあり、
少し黄色がかった緑色の時もあります。
症状がひどくなると、白いチーズのよう固まりが外陰部にはりつくことがあります。

 

おりものが特徴的なので、一度カンジタ膣炎にかかった事がある人はすぐにわかると思います。かゆみがひどいのが特徴なので、我慢できず何度もかいていると、かゆみと痛みが伴いヒリヒリとした痛みになってきます。

 

膣の外陰部の発疹や発赤や、排尿時の痛みや、性交渉の時の痛みなどがあります。
カンジタ膣炎にかかった時のおりものの臭いは無臭ですが、ひどくなると鼻にツンとくるような臭いがしてきます。

 

 

カンジタ症になる原因

健康な女性でも誰でも発症することがあるカンジタ膣炎ですが、カンジタ膣炎の原因は人によって炎症を起こす原因は違います。

 

一番多いのが体調不良やストレスによる免疫力の低下があります。過剰なストレスと体調不良があるとカンジタ膣炎を発症しやすくなります。

 

特に妊娠中の女性は、妊娠初期のホルモンのバランスが大きく変わるので、ホルモンバランスが崩れるとカンジタ膣炎を発症しやすく、妊婦さんはカンジタ膣炎にかかりやすくなります。

 

女性は70%~80%の女性が一生のうちに一度はカンジタ膣炎にかかると言われています。女性の膣の中は、乳白色と呼ばれる帯下があり、その中の善玉菌が悪さをおこさないように普段は保たれているが、体調が悪くなるとカンジタ菌が活性化します。

 

ピルの服用中や、病気の時の抗生物質の内服でカンジタ膣炎になることもあり、排卵日以降は、自然に増えていく黄体ホルモンの影響で、カンジタ菌が活性化するので、カンジタが発生しやすくなります。

 

カンジタ膣炎は、ホルモンのバランスが大きく影響してくるので、寝不足やストレス、栄養不足などで、膣内の抵抗力が低下しないよう、日頃からストレスをためないこと、睡眠は十分にとることに心がけるようにしましょう。

 

カンジタ菌の対処法と治療法

カンジタ膣炎かなと思ったら、症状が軽くても病院で検査をする事をおすすめします。
軽いカンジタ膣炎は自然に治ることがありますが自然に治す時には、生活習慣を見直して、食事や睡眠や適度な運動などで、免疫力を高めるようにします。

 

カンジタ膣炎の治療法には3通りあります。病院で治療する方法、自然に治るのを待つ、市販の薬で治すとう方法があります。

 

病院でカンジタを検査する方法は尿を検査する方法と、膣内から出る分泌物を摂取して検査する方法があります。カンジタに感染していたら、病院での治療は、軟膏、クリームのほかに膣錠や膣座薬を一緒に使います。

 

膣錠や膣座薬で治療する時は、週1回通院するか、毎日通院するかの方法があり、毎日と週1では使う薬がちがってきます。軟膏やクリームは1日2、3回塗るようにします。

 

カンジタ症の薬はドラッグストアでも市販で売られています。ドラッグストアの薬が使えるのは、カンジタが再発した人で、初めて感染した人は、病院にカンジタかきちんと検査をしてもらいましょう。初めての人は自分の判断でカンジタかわからない場合があるからです。

 

カンジタ膣炎は、一度再発すると再発率も高い感染症になります。カンジタ膣炎の患者さんは、半数の人が2回以上再発をしていると言われています。

 

カンジタ膣炎の再発を防ぐためには、規則正しい生活で免疫力を高める、バランスのとれた食事をする、ストレスをためない、適度な運動をして体を動かす、通気性のよい下着をつける、デリケートゾーンは清潔にし、綺麗に洗うようにする、性交渉の時はコンドームを使うようにしましょう。

 

カンジタ菌はヨーグルトやシナモンで予防できると言われています。ヨーグルトやシナモンはカンジタの繁殖を抑える働きをしてくれるので、予防に食べるとよいでしょう。