デリケートゾーンの痒みの改善方法

MENU

デリケートゾーンの痒み&痛みの改善方法

痒みの始まりって?

日頃、気づくと手が下部の方を触り、こする程度だった痒みがあるときに猛烈にかゆくなるときありませんか?
幼いころはトイレ後のふき取りが悪く陰部が真っ赤になっていることがありました。
しかし大人になるとそのような理由ではなくホルモンの影響などで体が敏感になっていることが原因で始まる痒みもありますよね。
生理の終わりごろだったり、おりものの増加、生理用品によるかぶれなどなど。

 

改善方法

・生理の終わりごろの場合はナプキンを頻繁に取り換える。せめて2時間から3時間をを目安に替えましょう。(生理の終わりかけの時は量が少ないため取替のタイミングを逃すことがよくあるので)
また、ビデなどの洗浄用品が某薬品スーパーに売っているので、それを使って清潔に保つ(洗いすぎは厳禁!)

 

・おりものシートそのものを使わない。おりものシートの使うと常に陰部が湿った状態になるので使わない方がよい。どうしても使用したい場合は排尿のたびに取り換える

 

・下着はツルツルした素材のものではなく綿の下着を使う

 

・生理用品を見直してみる。布素材にする(初めは抵抗があると思うが使用してみるとかぶれる心配は全くないので利用してみる価値は高い)巷には生理用品はたくさんだていますがまだまだ布製の生理用品を使用している人は少ないですが効果を誰よりも早く実感してみてください。

 

・市販の軟膏を上手に利用する。(頼りきってはいけないが掻き毟ってしまうと改善されるまでに時間を要するので)
↑市販薬は治すための薬ではないので(麻痺させる効果がある)症状をストップさせて悪化を防いでいる。

 

・石鹸で洗ってはいけません 細かく言えば清潔に保つことは大事ですが石鹸で洗いすぎてしまうとデリケートゾーンの酸性を弱めてしまい殺菌作用を弱めてしまいます。
その為に、ほかの感染症を発症してしまうとも限りません。石鹸を使用したい場合はデリケートゾーン専用の低刺激タイプの石鹸を使用するとよいです。
以上の点に気を付けて生活をしていけば酷い痒みになることはないです。

 

 

・黒くなる?
搔き過ぎてしまうと皮膚が黒ずんでしまうのでやめましょう。

 

・蒸れにも注意
暑い日や生理中なの下着に陰部が密着して湿った状態が長く続くと蒸れの原因になりかねないので風通しをよくしておきましょう。
その場合上記にも記載していますが綿の下着を選ぶと効果的です。