若い頃はデリケートゾーンのかゆみは気にならなかった

MENU

40代になりデリケートゾーンのかゆみが多くなった

49歳会社員。

 

若い頃はデリケートゾーンにかゆみを感じることは無かったのですが、30代後半に入ってくると、時折かゆみが出てくるようになりました。

 

40代に入り、体質も段々と変わってきたのか、かゆみを感じることも多くなり、憂鬱になる日が増えてきました。

 

元々、肌質が弱い方なのでデリケートゾーンもちょっと蒸れてくると痒くなります。

 

特に生理期間中は、必ずかゆみも伴います。

 

事務職でデスクワークなので、座りっぱなしで動き回ることもほとんどないので、腰からお尻の部分は蒸れやすいのです。

 

仕事が忙しくなり、席を立つ余裕が無いときはかゆみを我慢しなくてはならず、次第に集中力も欠けてきます。

 

 

生理期間中は、こまめにナプキンを取り換えるようにしています。

 

トイレで用を済ませた後は、シャワーを使い、デリケートゾーンを洗って清潔感を保つようにします。

 

肌質の弱い人は、ナプキンでデリケートゾーンが蒸れたり、擦れたりしてかゆみが出やすくなるので、タンポンにするのも良いとは思いますが、タンポンには抵抗がある人も少なくはないと思うのです。

 

最近発売されている生理用ナプキンは、肌に優しい素材のナプキンも多く発売されていて、そういうナプキンを使うことで、かゆみも多少改善されます。

 

生理期間でなくても、デリケートゾーンのかゆみはあります。

 

汗をかきやすくなる季節は、デリケートゾーンも蒸れてくるのでかゆみも出てきます。

 

デリケートゾーンを清潔にするように心掛けていても、かゆみがなかなか治まらないときは、市販の軟膏クリームを塗ります。

 

軟膏クリームは、かゆみを抑えてくれてよく効きます。

 

たくさん塗れば効果があると言うわけでもなく、逆に塗りすぎて蒸れてしまって、余計にかゆくなってしまった。という経験もあります。

 

軟膏クリームは1日朝晩2、3回程度塗るようにしています。

 

デリケートゾーンのかゆみは、なかなか人に話しやすい内容ではないですし、相談しにくいものです。

 

軟膏クリームを買う際にも、少し恥ずかしいと考えてしまって、最初はなかなか買う勇気が出ませんでした。

 

買って使ってみると、すぐに効き目が出てくるので今では、かゆみが出たらすぐに使っています。

 

また、ストレスからもかゆみが出やすくなる。ということも聞きました。

 

確かに、仕事が忙しくなった時や、悩み事がある時は、かゆみが気になることが多く感じます。

 

日々のストレスをあまり溜め込まないようにすることも、かゆみを改善するひとつの案だと思います。

関連ページ

辛かったデリケートゾーンのかゆみ体験とケア
かゆみの原因は1日に2回のお風呂のせいだった!
デリケートゾーンのかゆみを解消する方法がわからない!
他のひとには言えないデリケートゾーンの悩み
デリケートゾーンの異常なまでの痒み、その原因とは
繰り返す膣カンジダ症と激しいかゆみの対策
デリケートゾーンの悩みは歳と共に変化して不思議!
かゆみの原因は「乾燥」!生活習慣から考える女性の悩み
夏になると始まるデリケートゾーンのかゆみ
なかなか友達にも相談できないデリケートゾーンの悩み
あそこのかゆみでストレスを溜めない生活がいちばんいいのだけど
デリケートゾーンで失敗したことについて
人には言えないあそこの悩みで数年間苦しめられました
デリケートゾーンの嫌な臭いとかゆみに悩んでいます
匂いが気になって始めたジャムウ石鹸と毛の処理でかゆい
第2類医薬品では治らない、つらいあそこのかゆみ
更年期主婦のデリケートゾーンの痒みとの戦い。
肌が弱いのでデリケートゾーンのかゆみにはよく悩みます
デリケートゾーンのかゆみがあるととても辛い
女性のデリケートゾーンは清潔に保つことが大事
ランニング時の汗が原因でデリケートゾーンがかゆくなりました
デリケートゾーンのかゆみの原因と予防方法
デリケートゾーンのかゆみは、専用のアイテムでケアする
繰り返し襲っていくるかゆみに悩まされた私の体験
デリケートゾーンのかゆみが出た時の意外な対処法
デリケートゾーンのかゆみが辛くてストレスになる
毛深いせいでデリケートゾーンのムレてかゆくなってしまいます
夏のデリケートゾーンのかゆみが心配で脱毛をした
大学生時代に苦労したデリケートゾーンの悩み