デリケートゾーンの腫れの原因について

MENU

デリケートゾーンの腫れの原因とは?

デリケートゾーンが腫れてしまう原因はいくつかあります。
下着の素材が合わず、かぶれてしまう。
不衛生にしていると、蒸れてしまい、常在菌が増えて膣のトラブルを起こすこともります。
性行為などによって強い刺激を与えてしまうことでも、腫れることがあります。
特に生理中は心だけでなく、皮膚もナーバスになりがちで、ナプキンや下着と肌が擦れることで腫れてしまうこともあります。
カンジダの症状の場合、痒み、腫れ、おりものがどろっとして白っぽい。またはぽろぽろとしている。黄緑色のこともあります。臭いがきつくなるといった症状が表れます。
カンジダ菌は膣の中にはかならずいる常在菌です。
性行為によっても起こりますが、陰部を不衛生にしていることでも起こります。
また、日頃ストレスを強く感じていたり、不規則な生活をしていて免疫力が落ちているときにも起こります。
バルトリン線という膣の左右両側に位置し、性行為などによって刺激を与えると出てくる線です。
細菌に感染し炎症を起こすことで、カンジダの症状が出てきます。
デリケートゾーンが腫れて、痒みやおりもの、臭いが気になる場合は、つい恥ずかしくて病院にいくのをためらってしまいますが、恥ずかしがらずにまずはお医者さんに受診することが大切です。
病院でしっかりとした検査を受けて、治療していくことです。
カンジダの場合、清潔にし抗生剤を投与することで症状がおさまります。
一人でもんもんと悩んでいたところで、良くなりません。
ほったらかしてにしておくと、別の感染症を招くこともありますので、出来るだけ早めに受診することが悩みを解決する一番早い方法です。

対処法としては、日頃から規則正しい生活をする、適度な運動。
暴飲暴食をせず、お酒や脂っこいものは程々にした食生活。
出来るだけ野菜を多めに摂り、乳酸菌なども、体の抵抗力を強くするのに効果的なので、積極的に摂るようにし、体が細菌に負けないようにしておくことも大切です。
デリケートゾーンを清潔に保つためにも、下着も清潔なものを身につけるようにし、生理中はこまめにナプキンを取り替えることで、細菌が増殖するのを防ぎます。
お風呂でデリケートゾーンを洗う時に、臭いが気になると言った理由から、石鹸でゴシゴシ洗ってしまってはいけません。
ぬるま湯で湿らせ、力を入れすぎないように撫でるるように洗います。
石鹸を使ってしまうと、悪い菌だけでなく、体にとっていい菌もやっつけてしまい、結果として炎症を起こすこともあります。