デリケートゾーンの痛みの原因について

MENU

デリケートゾーンの痛みの原因と対処方法について

女性なら誰でも一度は経験したことがあるのが、デリケートゾーンのチクチクとした痛みやかゆみの症状です。もともと女性のデリケートゾーンは、おりものの影響で常に蒸れやすく、肌がダメージを受けやすい環境になっています。かぶれてしまうだけならまだしも、雑菌の温床となって様々な感染症を発症してしまうこともあります。放置しているとどんどん症状が悪化して、ひどいかゆみや炎症を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

デリケートゾーンにトラブルが起こる原因として代表的なものは、下着やナプキンなどによるこすれや体質的なアレルギーによるもの、外陰炎やバルトリン腺炎、性器ヘルペスや潰瘍などが挙げられます。
下着やナプキンなどが原因になっている場合は、これらを肌に優しいタイプに取り換えるだけでも症状が改善します。例えば、通気性の良い綿タイプの下着にしたり、汚れていなくてもこまめに取り換えるなどの対策が効果的です。最近は生理用品も快適性が増しており、長時間付け続けてもあまり不快感を感じないのでついついそのままにしてしまいがちです。しかし、経血によって栄養と湿度が保たれた環境を長時間キープすることで、雑菌がますます増殖して肌にダメージを与えやすくなってしまいます。もったいないと思わず、あまり汚れていなくても定期的に取り換えるようにしましょう。もしこういったケアに気を付けていても症状が治まらない場合は、市販されている外陰部専用の塗り薬を使って治療することもできます。ただ、性器ヘルペスなどの病気が原因になっている場合は、自分でケアしているだけでは完治は難しくなります。この場合は婦人科を受診して、専用の医薬品を処方してもらう必要があるので、恥ずかしがらず病院へ行くようにしましょう。

 

デリケートゾーンの痛みに適した対策としては、何よりもまず清潔さを保つことが重要です。痛みやかゆみの原因になるのは蒸れや雑菌であり、清潔を保つことでこれらを軽減させることができるのです。かゆみを感じるけど大したことはないから放っておこうと考えるのは大間違いで、初期段階でいかに対策を取るかが早い治りに関わってきます。デリケートゾーンのトラブルは、こじらせてしまうと何度も婦人科に通ったり薬を使用したりして完治までに時間がかかってしまいます。その間は旅行やレジャーなどを満足に楽しめないこともあるので、面倒がらずにできるだけ早く病院へ行くようにしましょう。