デリケートゾーンの不正出血の原因と対処法

MENU

不正出血の原因と対処方法について

女性であれば、誰でも一度や二度は生理以外に不正出血をした経験があるでしょう。デリケートゾーンからの不正出血には様々な原因があり、ホルモンバランスの乱れや婦人科系の病気が影響していることもあります。頻繁に不正出血を繰り返している場合、またかとつい油断して放置してしまう人もいるでしょうが、病気が隠れていることもあるので自己判断は非常に危険です。もし自覚症状がある場合は、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。

 

生理以外で不意にデリケートゾーンから血が出てしまった場合、その原因は主に2つ考えられます。
1つ目は、子宮がんや子宮筋腫などの婦人科系の病気です。膣炎や子宮頸管ポリープなどが存在すると、性行の際のダメージがきっかけとなってしまうこともあります。
2つ目は、ホルモンバランスが乱れたことによるものです。生理の血がダラダラといつまでも続いてしまったり、本来の生理日よりも前にごく少ない血が出てしまうことがあります。
前者の場合は無排卵月経、後者の場合は黄体機能不全などになっている可能性があり、どちらも脳下垂体などホルモンの分泌を司る部分の働きが低下していることが考えられます。
また、排卵が起きる時期に卵胞ホルモンの分泌が低下することで発生することもあります。
特に何かの疾患にかかっているというわけではないので、毎月排卵期に決まって発生する人などはそのまま様子を見ていても問題ありません。毎日基礎体温を測って記録していると排卵期が分かりやすいので、その時期に少量の出血があるようなら安心して構いません。
また、こういった原因の他に妊娠によっても発生することがあります。妊娠初期にはホルモンバランスが急激に変化し、身体が混乱して少量血が出てしまうこともあります。症状が現れた日によっては量の少ない生理だと思い込んでしまう人も多いので、量が少なく体調不良が続く場合などは妊娠している可能性もあるので早めに妊娠検査薬などでチェックしてみると良いでしょう。

 

このように、デリケートゾーンから血が出るなどの悩みを抱えている人は、何らかの病気か原因となっている場合もあるので注意が必要です。油断していると、身体に他の症状が現れた頃には既に手遅れになってしまっていることもあるので、できるだけ早く病院へ行くようにしましょう。月経不順などで不正出血かどうか分かりにくい人の場合は、きちんと基礎体温を付けておくことで診断が付きやすくなります。