生理前のデリケートゾーンのかゆみの原因は?

MENU

生理前のかゆみの原因と対処方法?

女性の中には、生理が近づくにつれデリケートゾーンにかゆみを感じる人がいます。普段は何ともない人でも、生理前は様々な条件が重なって症状が出やすくなってしまうのです。例えかゆみを感じても、場所が場所なのでなかなか病院に行って診察を受ける決心がつかないこともあるでしょう。しかし、場合によっては何らかの病気が原因となっている可能性もあるので油断は禁物です。できるだけ早く病院に行けばすぐに治療できることもあるので、恥ずかしがらずに専門家に早く診せるようにしましょう。

 

生理前になると外陰部にかゆみを感じてしまう原因ですが、これにはまずカンジダ菌などを中心とした膣炎が考えられます。最もポピュラーなもので、その名の通り膣が炎症を起こした状態を指します。こうなると膣を中心として痒みが発生したり、異常なおりものが出やすくなるといった症状が現れます。生理前はホルモンバランスが変化するため、女性の体は免疫力も低下しがちで非常に繊細になります。こうなると、肌に常在している雑菌が活性化して異常繁殖してしまいます。すると膣の中で雑菌が悪さをして、炎症を引き起こしてしまうのです。

 

このような理由で生理前に痒みが発生しやすくなってしまうのですが、それを予防するためにはできるだけ体調を整えて免疫力が低下するのを防ぎ、雑菌に負けない身体づくりをすることが大切です。ストレスや睡眠不足は免疫力が低下する代表的なものなので、生理が近づいた時期は特にこれらに注意しましょう。
また、雑菌が繁殖しないようにデリケートゾーンを常に清潔に保っておくことも必要です。お風呂できちんと洗うのはもちろんですが、洗い方にも気を配りましょう。臭いや汚れが気になるからといって力を込めて洗ってしまうと、肌を保護するのに必要な皮脂や雑菌の繁殖を抑えてくれている善玉菌まで落としてしまい、自浄作用を失ってしまいます。洗いすぎることも禁物なので、できるだけ優しく丁寧に洗うように心がけましょう。

 

デリケートゾーンが生理前になると痒くなりやすいのは、こういったことが影響しています。雑菌の繁殖を抑えるよう衛生面に注意することが大切ですが、いつまでもかゆみが治まらない場合はきちんと医師に診てもらって治療を行うことも必要です。雑菌が原因になっている場合は、専用の薬を使用することで比較的簡単に治してしまうこともできます。長引けば辛い思いをするばかりなので、できるだけ早く受診するようにしましょう。