デリケートゾーンのかゆみの原因

MENU

デリケートゾーンのかゆみの原因や対処法

人には言えない悩みの一つがデリケートゾーンのかゆみでしょう。陰部がかゆいというのは、どうしても不潔なイメージがありますので、こっそり治療をしてしまいたい人が多いでしょう。デリケートゾーンのかゆみの原因や効果的な対処方法をまとめましたので、参考にしてください。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は主にムレやかぶれによるものと言われていますが、それ以外にも病気を伴っている場合もありますので注意が必要です。

 

下着や生理用ナプキンによっての摩擦が原因の場合

女性の多くは生理中に陰部のかゆみを伴う人が多いでしょう。これは、生理用ナプキンによってムレが生じてしまうことが背景にあります。ムレによって雑菌が繁殖し、症状が出てしまうのです。生理自体は一時的なものですが、それ以降も症状がある場合は治療が必要となってくるでしょう。予防としては、ナプキンをこまめに変えること、通気性の良い下着を身につけること、清潔を心掛けることで多少なりとも改善されるでしょう。

 

おりものによる場合

女性はホルモンバランスが乱れやすく、ちょっとしたストレスでも影響があります。ホルモンバランスが乱れることで、必要以上のおりものが出てしまうことがあります。おりものは膣を守る為に必要なものですが、量が多かったり、色味が黄色や黄緑色になっている場合は、性感染症の疑いがありますので婦人科にて検査をしましょう。おりものによって症状が出る場合は、おりものシートなどを使用すると多少改善されるようです。

 

膣カンジダによる場合

女性の多くが陰部を清潔にしようと洗いすぎている傾向があります。膣内には、常在菌が存在しており、膣を雑菌から守ってくれています。しかし、殺菌作用の強いボディーソープなどを使用して膣内まで洗ってしまうと、良い菌まで殺菌してしまいます。その時に、症状として出てくる疾患が膣カンジダです。強いかゆみを伴うだけではなく、痛みも生じることがありますし、おりものが白っぽいボロボロとしたものに変わります。この状態になってしまうと、婦人科にて診断をしてもらう必要があります。治療方法としては、膣内に薬剤を入れ、症状が落ち着くのを待つことになります。妊娠中などホルモンバランスに変化がある時は、通常時よりも敏感になっているため、注意しましょう。

 

デリケートゾーンに違和感がある時は、自己判断だけで済ますのではなく、特に長期間継続しているという場合は婦人科でしっかりと検査することをお勧めします。