デリケートゾーンの乾燥のケアでかゆみを防げる?

MENU

デリケートゾーンの乾燥はかゆにに影響します。

女性の肌にとって、乾燥が大敵であることは広く知られていますが、実は肌だけではなくデリケートゾーンにとっても悪影響があることをご存知でしょうか。
デリケートゾーンは蒸れや雑菌の繁殖など刺激が多い部分なので、ただでさえダメージを受けやすい状態にあります。
そこに乾燥が加われば、ますますトラブルが起こりやすくなってしまうのです。デリケートゾーンは、乾くことで痒みや痛みなどの症状が増し、さらに悪臭の原因にもなってしまうこまった場所です。
さらに、その状態で下着や生理用品などとの摩擦を繰り返せば、黒ずみを引き起こしてしまう可能性間もあります。
デリケートゾーンは蒸れやすい場所だから乾燥とは無縁だと誤解してしまいがちですが、様々な要因で乾燥しやすくなってしまうので注意が必要です。
日ごろからしっかり保湿するよう、スキンケアに気を配っておきましょう。

 

デリケートゾーンが乾燥してしまう一番の原因は、お風呂の際にボディソープなどで必要以上にゴシゴシと洗ってしまうことが挙げられます。
汚れを落として清潔にしようと洗いすぎてしまう人が多いのですが、あまりに強くこすったりボディソープを付けすぎる皮膚が刺激を受けてしまい、角質層が剥がれたり乱れたりして水分が保てなくなってしまいます。
皮膚のダメージが蓄積すると痛みやかゆみを引き起こす原因になってしまい、バリア機能が低下して黒ずみやしみなどもできやすくなってしまうのです。こういった事態を防ぐには、お風呂の際にもしっかりと潤いを与える必要があります。
洗浄力の強いボディソープを使うと、本来必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになるので、保湿成分が含まれたものや肌に優しいタイプのオーガニック石鹸などを使うようにしましょう。
デリケートな部分には化粧水などを使うことができないので、パックのように潤いを保つことはできません。このため、いかに皮脂を落とし過ぎず自然な皮膚のバリア機能を維持するかが重要になってきます。

 

最近ではデリケートな部分専用の石鹸なども市販されているので、かゆみなどの症状がひどい場合は試してみると良いでしょう。
中には保湿成分が肌の中までしっかりと浸透していくタイプの商品もあり、これに加えてワセリンなど外陰部に塗っても害のないものを使用することでパック効果も期待できます。
毎日続けることで症状が改善していくので、すぐには効果が現れなくても根気よく使い続けていきましょう。